残業なしで正社員に転職するときに見るポイント

まずは書面でチェック

基本的には「残業なし」と言い切る会社はまずありません。比較的残業の少ない会社でも経理や請求書に関わる部署の事務は月末や月初には多少の残業はあるものです。転職サイトやハローワークなどで残業について見てみると「残業 月○○時間程度」と書いてあったりしますが、そのまま鵜呑みにしてはいけません。今は会社の状況について元社員のコメントなどが見られるサイトもありますので、自力で事前にチェックしておきましょう。また、転職エージェントではその会社の残業状態まで把握していることもあります。転職エージェントを通じて転職した方から転職後の状況をヒアリングしているので、確実な情報を持っています。転職エージェントに登録している方は、その転職エージェントから紹介された案件の会社でなくても、転職先の会社の状況を問い合わせてみるのもひとつの作戦です。「残業なし」を仕事選びのテーマにしている方はより慎重に事前調査をしておきましょう。

みなし残業に注意!

営業職によくありがちなのが「みなし残業」です。数千円の「営業手当」の名のもとに、どんなに残業をしても残業手当を支払われないということは珍しくありません。事務方の場合は基本的には残業手当がつきますが、管理職の場合はいくら残業してもつかない場合もありますし、中には「職務手当」として幾らかを支払い、残業手当をつけない会社もあります。大手企業ではそういったことは少ないはずですが、小売業や飲食業などでは、みなし残業を当たり前としているケースもあります。
・残業の少ない企業
公務員なら残業が少ないと思いがちですが、実際に「キャリア」と呼ばれる公務員の方は民間企業そこのけに残業をしています。なので一概にどの業界や企業なら残業が少ないと明言することはできませんが、財団法人などは比較的残業が少ないと言われています。また、組合が強い企業も残業が少なく、あったとしてもきちんと残業代が支払われることが多いです。

標準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です