中小企業から大手企業へ転職する時のポイント

転職エージェントに登録しましょう

転職サイトをこまめにチェックすることはもちろん必要ですが、普通の転職サイトなどを見ていても大手企業の募集は実際には少ないです。いい案件は実は転職エージェントが持っていたりします。この理由の一つは公募で色々な人を募集すると、別業界の方や未経験者が多数応募してきてしまうからです。転職エージェントの場合、転職する方のキャリアをしっかり見極めて紹介するので、企業側からすれば手間が省けることになります。また、転職エージェントにあなたのキャリアをしっかりと伝えておくことが重要です。転職エージェントにとってあなたは「商品」ですから、自分の商品価値を卑下せずにきちんと伝えることがポイントです。

アピールポイントは?

中小企業にいると仕事の守備範囲が広いことが多いです。例えば営業の場合、営業アシスタントなどいないことも多く、営業に関することは外回りから事務処理から数字管理まで自分でこなさなくてはならない人も多いと思います。この守備範囲の広さ、多岐に渡る実務経験もひとつの大きなポイントです。また、中途採用しているということは、その応募案件の仕事の補強をするということですから、広さだけではなく、得意分野でのキャリアの深さ、実務経験をしっかり伝えることも重要です。
また、中小企業にいた場合、売上や様々な事の数値が大手より確実に小さいです。例えばあなたが前年対比5億円の売上を作ったり、物流費で300万円のコストダウンをしたとしても大企業の数値からしたらとても小さく見えてしまうことがあります。その場合はパーセンテージでアピールしましょう。額が大きくても小さくても実務としての苦労はあまり変わらなかったりするものです。額が小さければ実力や努力が小さかったということはありません。パーセンテージでアピールすることによって、絶対額として小さい数字でもアピールポイントに変わります。

第2新卒の転職を成功させる方法【面接がうまくいかない人へ】

標準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です